GLOVERALL(グローバーオール)のダッフルコート「キングストン」

またまた仕事用コート
GLOVERALL(グローバーオール)のダッフルコート「キングストン」

GLOVERALL(グローバーオール)のダッフルコート「キングストン」です。

コレ、スーツの上に羽織るコートとして8年前に購入しました。
スーツの上にトレンチだとオジさんっぽいor気取ってる感じだし、ステンカラーのコートだと普通過ぎるし・・・ってことでダッフルを選択した気がします。
ダッフルコートを大人っぽく着れたらカッコイイんじゃないかな~と思って。

で、オリジナルの好きなデロンギにとってダッフルコートといえばGLOVERALL(グローバーオール)かINVERTERE(インバーティア)なワケですが、結局チャコールのキングストンにしました。
キングストンを選んだのは、スーツの上からでも着易いように袖部分に滑りの良いライナーが使われていたり、ヘリンボーンの一枚生地が気持ち良かったり、チョット長めの着丈が大人っぽかったり、どーせ買うならGLOVERALL(グローバーオール)の最上級モデルにしちゃおうという気持ちがあったり・・・ですね。
今考えるとMoorbrook(ムアブルック)のヘリンボーンに拘ってインバーティアを手に入れておいても良かったかな~と思ったりもしますけど(笑)。
潰れるなんて思ってなかったんで…。

あと細かいところではトグルは水牛の角でなくちゃ嫌だとか、そのトグルを留めているのはレザーのストラップじゃなきゃ許せないとか、裏地がチェック柄のヤツだけは避けたいとか、チンガードは本体と一体になっているのが好ましいとか、そんなところも気にしてたと思います。

このコート、難しいのはサイズ選びでしょーか。
デロンギは175cmの痩せ型体型なんですが、スーツの上から羽織ること前提でサイズ36が丁度良いですね。
これより大きいとあまりスマートじゃないんですけど、案外38とか40しか置いてないショップもあったり…。
日本で売るなら34とか36を豊富に取り揃えておくべきだと思うんですけど。
そーいえば このコートのサイズ選びに関するご質問を他記事のコメントで頂いてましたね。

それからこのキングストン、スーツやジャケットの上から着ることをオススメします。
特にデロンギのよーな痩せ型の人は。
チョイ身幅が太めなんで、ニットの上なんかに直接着るとどーもスマートじゃないんじゃないかと…。

カジュアルにダッフルを着たい方はこんなのがカッコイイんじゃないでしょーか?
ジェネティック・マニピュレーションのウールメルトンダッフルコート エンジニアード・ガーメンツのメルトンダッフルロングコート
左のジェネティック・マニピュレーションのコートはビビッドなカラーリングとイマドキなタイトシルエットがダッフルにしては珍しく色気がありますね。
袖口のベルトループの位置も最近のドメブラって感じでしょーか。
右のエンジニアード・ガーメンツのコートは、ダッフル特有のクラシックな雰囲気を残しつつ、洗いをかけた素材やフードのツバで上手に遊んでますね。
ワークウェアっぽい雰囲気がエンジニアード・ガーメンツらしいダッフルコートです。

もーチョイ寒くなったら、スーツの上にこのキングストン着て、DENTS(デンツ)のグローブDRAKE'S(ドレイクス)のマフラーを合わせるとデロンギの防寒スタイル出来上がりです。

・GLOVERALL(グローバーオール)のアイテムを探す

2006年11月21日 | セレクトショップ| ファッション