OLYMPUS(オリンパス)のICレコーダーVoice-Treck V20

まだ売ってるんですね、コレ
OLYMPUS(オリンパス)のICレコーダーVoice-Treck V20

OLYMPUS(オリンパス)のICレコーダーVoice-Treck V20です。

デロンギは仕事で車を運転することが多いんですけど、運転中にメモをとる時にICレコーダーを利用してます。
若い頃はマニュアルの車を運転しながら、タバコ吸いつつ携帯電話で話しながらPDAにメモして…なんて無茶なこともしてましたが、あまりスマートな行為ではなかったですね(笑)。

デロンギにとって、このICレコーダーは2個目。
最初は8年くらい前に購入したSONYのヤツを使ってたんですけど、保存できるデータ量に不満もあったし、電池の持ちも悪かったんで、一昨年の春に買い替えました。
この頃にはメモリーオーディオプレーヤーなんかでもボイスレコーディング機能がついたモノが多く出回ってたので、そーゆうのもアリかな~なんて思いながらイロイロ見てみたんですけど、結局普通のICレコーダーに決めました。
デロンギは車の中以外で音楽を聴くこともないし、ボイスレコーダー専用機のほうが当然使い勝手も良さそうだったので。

チョット迷ったのは電池形式。
前に使ってたヤツは電池がすぐなくなっちゃってコスト的にもバカにならなかったんで、充電式のクレードルの付いたヤツにしたかったんですけど、そーゆう機種は結構お高かったんですよね、お値段が。
で、考えを改めて単4電池式で充電池/充電器のセットのヤツを買うことにしました。
電池取り出して充電するのも面倒かな?とも思ったんですけど、単4電池なら最悪の場合にもコンビニにダッシュすれば対応できるし、以前のヤツより電池が長持ちするのでしょっちゅう充電する必要もなかったし、この選択は正解でしたね。

で、このVoice Treckですけど、見た目が結構気に入ってたりします。
いかにも仕事の道具って感じのデザインで、でもオジサンっぽくもなく、なかなかヨロシイんじゃないかと。
機能面も直接USB接続できて音声以外のデータが持ち運べる等、まさにビジネスに特化した機種だと思います(←当時はこーゆうの少なかったんです)。
OLYMPUS(オリンパス)のICレコーダーVoice-Treck V20/分離
↑こんな感じに分離してPCに接続します。
といってもデロンギは音声メモ以外に使ってないので、今回この画像を撮る為に1年ぶりくらいに分離したんですけど(笑)。

それにしてもこのVoice-Trek V20とゆう機種、発売開始から2年近く経つのにまだ売ってるんですね~。
さすがにもう生産はしてないでしょーけど、こーゆう商品はサイクルが早いんで、チョット予想外でした。
もちろん後継モデル↓も発売されてます。
OLYMPUS(オリンパス)のICレコーダーVoice-Treck V50
ズイブンお洒落になってますね~。
1GB搭載で最大約278時間録音が可能なんだそーですが、デロンギには完全にオーバースペックです。

今の機種に不満はないので、当分はコレで「運転中のメモ→WHCの手帳に記入」というスタイルが続きそーです。

・OLYMPUS(オリンパス)のICレコーダーを探す

2007年01月29日 | セレクトショップ| ステーショナリー

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/692)