Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)のHOLBORN

履きジワが…
Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)のHOLBORN

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)のチャッカーブーツHOLBORNです。

この靴、デロンギが初めてメールオーダーで購入したクロケットなんです。
8年くらい前のことなんであまり憶えてないんですけど、確か¥2万くらいは日本で買うよりも安かったんじゃなかったかな?
今でこそクロケットの靴はどこでも購入できるし、別注も含めいろんなモデルが出回ってますけど、当時はそんな環境じゃなかったんですよね~。

このHOLBORNとゆうモデル、クロケットのHPから無くなってるんで、もう作ってないのかもしれませんけど、細身でシャープなデザインが気に入ってます。
以前紹介したCHEPSTOWのよーなポッテリ感がないので、スーツにもビシっと合うし、固めの履き心地もデロンギ好みだし。

そーいえば、チャッカーブーツを履いてるビジネスマンって案外少ないですよね~。
脱ぎ履きし辛いからかな?
お座敷のお店に行った時なんかに注意して見てると、靴の紐をほどかずに脱ぎ履きしてる人が殆どなんですよね。
そーゆう人達にとってはチャッカーブーツなんてウザいだけなのかもしれませんね(笑)。
デロンギは靴はジャストサイズじゃないとキモチワルイ派なので、短靴でも紐ほどかないと脱げないし、むしろ紐靴ならチャッカーブーツのほうが脱ぎ履きし易いよーな。

それから、チャッカーブーツが便利なのは、スーツ以外のスタイルにも合わせ易いってとこ。
休日を絡めた出張の時なんかに、ずっとスーツ着てるのはイヤだけど、もう一足靴を持って行くのもチョットな~ってことないでしょーか?
デロンギはこーゆう場面がよくあるんですけど、そんな時にチャッカーブーツが重宝するんです。
そこそこキレイめにまとめれば、デニムのパンツに合わせてもおかしくないでしょ?コレなら。
そーゆう意味ではPARABOOT(パラブーツ)のCHAMBORD(シャンボード)なんかも使えるんですが、スーツスタイルにより似合うのはチャッカーブーツでしょーね。

・Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)の靴を探す
・Beginでは…

2007年01月31日 | セレクトショップ| シューズ