nuur(ヌール)のコットンニット・フィールドジャケット

今度はコットン
nuur(ヌール)のコットンニット・フィールドジャケット

nuur(ヌール)のコットンニット・フィールドジャケットです。

ここ数年衰えることのない人気を見せるM-65ですが、まんまミリタリーなジャケットはイイ大人にはチョット抵抗あるよって方、結構いるんじゃないでしょーか?
デロンギも細身のヤツが欲しいな~なんて思いながら、イマイチ波に乗れないでいるんですよね~。
で、nuur(ヌール)から気持ちミリタリーな大人仕様のフィールドジャケットがリリースされてるんで紹介しちゃいます。

このカタチ、メルトン素材だと結構いろんなブランドで似たようなヤツがあったりするんですけど、コットンニットとゆうところが、さすがはnuur(ヌール)ですね。
ニットでもちゃんと立体裁断だし。
nuur(ヌール)コットンニット・ジャケット/後ろ姿nuur(ヌール)コットンニット・ジャケット/襟元
センターベントと素材のもつ高級感で上手くクラスアップしてるな~とゆう印象ですね。
襟裏やパイピングも光沢のある生地でキッチリ処理されてます。
タイトなシルエットでもこの素材なら小僧っぽくならないし、着心地もイイんでしょーね。

難点は袖丈の長さ…。
昨年秋冬に大人気だったウール素材のニット・ジャケットを試着した時もそーだったんですけど、ココんちのジャケットはかなり長いんですよね、袖が。
デロンギの腕は短くない(足は微妙ですが…)ので、多分コレを理由に購入を断念したって人もいるんじゃないかと。
こーゆうアイテムはジャストで着ないとカッコ良くないですもんね。
日本で売るならその辺をもーちょっと考えて欲しいものです。

あと濃いめのカラーも用意して欲しいですね。
高額アイテムはできるだけ汚れの目立たない色を選びたいので(笑)。
小市民的発想ですけど、デロンギはそのあたりを結構 気にしちゃいます。

そんなワケで、上品な今風ジャケットを探してて、腕の長い方(あとデロンギのよーな貧乏臭いこと言わない方)にはかなりオススメの春用アウターではないかと。
ホント、カッコイイです…。

・nuur(ヌール)のアイテムを探す

2007年03月01日 | セレクトショップ| ファッション

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/901)

ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)のウールキルティングベスト from D's Style