TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)のボックスバッグ

北欧テキスタイル
TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)のボックスバッグ

TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)のボックスバッグです。

以前、ココんちのデッドストックファブリックを使ったコートを紹介しましたけど、実はアレ以来 コートよりもバッグのほうが気になっちゃってたんです(笑)。
で、REBIRTH(リバース)の豹プリント・トートバッグの記事でも書いたよーに、プリントモノのバッグで地味なスタイルに変化を付けたいな~と考えてたトコだし、ヨメとも共用で使えるし、お手頃価格だし、ってことで買っちゃいました♪

このTIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)のテキスタイルって、柄とか大胆なんですけど、色使いがシックなんで、男性でも持ちやすと思うんですよ。
押し出し強いけど、案外派手に見えないってゆうのがイイですね。
北欧テキスタイルといえばマリメッコが最もメジャーな存在ですが、デロンギ的には最近はTIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)のほうがカッコイイんじゃないの?と思ったりしてます。
マリメッコは他の人とカブる可能性もあるし…。
こーゆうプリントモノでカブるとかなりヘコみますよね~(笑)。

柄的には格子に丸い印の入ったキンジとゆうプリントに決めてたんですけど、チョット迷ったのはカタチ。
このシリーズ、デロンギが買ったボックスタイプの他に、ショルダーストラップのついたトートもあるんですよ。
TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)2ハンドルバッグ TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)ボックスバッグ
ショルダー好きのデロンギとしては結構悩むトコロではあったんですけど、コッチはマチが小さいとゆうことでやめときました。
こーゆう柄モノはマチが薄いと男っぽくないよーに思えたので。

このボックスバッグ、使い勝手はかなりイイですね。
割と容量があるのでガンガン物を突っ込めるし、ジッパーが付いてるので中のモノが飛び出る心配もないし。
今はジムに行く時にしか使ってませんけど、もうチョット暖かくなったら出番もかなり増えそーです。

TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)のロゴ
ところでココんちのロゴ、なんで「10」なんだろ?って以前から思ってましたが、判りました。
1970年の創業当時に無名だった10人の若者がスタートさせたブランドだったからなんですね~。
常識?

・TIO GRUPPEN(ティオ・グルッペン)のアイテムを探す

2007年03月21日 | セレクトショップ| カバン

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/954)