SPRING COURT(スプリングコート)のG1

懐かしのキャンバススニーカー
SPRING COURT(スプリングコート)のG1

SPRING COURT(スプリングコート)のキャンバススニーカーG1です。

コレ、そろそろ暑くなってきたし、素足で履くスニーカーを手に入れときたいな~と思って買っときました。
以前ブログに書いたパンチングレザーのB2モデルも捨てがたかったんですけど、今回はキャンバス+素足がテーマってことでド定番のG1モデルをセレクト。
何しろこのG1は素足で履くことを前提に作られたモデルですから(たぶん)。

実はデロンギ、学生時代にこのG1を愛用してたハズなんですよね。
もう10数年前の話なんで、その靴がどこに行ってしまったかも不明だし、履き心地なんかも憶えてないんですけど、インソールのクッションが肉厚で気持ち良かったことだけ憶えてます。

昨日購入して、今日は一日このスニーカーを素足で履いてみたんですけど、なかなか履き心地良かったですよ。
デロンギの記憶通りインソールのクッションはフカフカでしたね。
SPRING COURT(スプリングコート)G1インソール  SPRING COURT(スプリングコート)G1空気穴
まだそんなに暑くないからかもしれませんが、素足で履いても蒸れないし。
コレはやはり左右についてる空気穴が上手く機能してるんでしょーか?
ま~真夏になればさすがにキビシイんでしょーけど、その頃はサンダルやPARABOOT(パラブーツ)のANCYLが活躍するでしょう。
ちなみに箱にも↓空気穴が…。
SPRING COURT(スプリングコート)G1の箱

作りはハッキリ言ってかなり雑です(笑)。
1952年に開発された製法に従って、当時の機械と工程で今も作ってるってことなんで、あえてキッチリ作る気はないんでしょーね、きっと。
でもその荒さが味だったりするんで、まだ買ったばかりの真っ白な状態なんで粗が目立ちますけど、履き込んでいけばイイ味がそうです。
ガシガシ履き倒しても水洗いできるし。

こーゆう素足用スニーカーを買うと今度はハーフ丈orショート丈のボトムが欲しくなりますね。
Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)コーンミルズデニム・バミューダ  PRO-TUF(プロタフ)バイクパトロール・ショーツ

ところでこのスニーカー、家の近所のショップで購入したんですけど、例のミント消臭剤は付いてきませんでした…。
消臭剤を確実にゲットしたい方はTokyo Lifeで買いましょうね(笑)。

・SPRING COURT(スプリングコート)のスニーカーを探す

2007年05月05日 | セレクトショップ| シューズ

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1015)