DE MARTINI(ディ・マティーニ)×BEAMS(ビームス)のメッセンジャーバッグ

自転車の前にメッセンジャーバッグ?
DE MARTINI(ディ・マティーニ)のBEAMS(ビームス)別注メッセンジャーバッグ

DE MARTINI(ディ・マティーニ)×BEAMS(ビームス)のメッセンジャーバッグです。

最近はメッセンジャーバッグが流行ってますが、昨年あたりから なんちゃってピスト乗りが増えたことも関係してるんでしょーか?
別に流行に乗っかったワケじゃないんですけど、pokit(ポキット)のUTILITY CAPSULE(ユーティリティ・カプセル)の購入を検討中にたまたま見つけて買っちゃいました。
モールトンが完成する前にメッセンジャーってゆうもの変な話ですけど(笑)。

DE MARTINI(ディ・マティーニ)といえば、メッセンジャーバッグの元祖的ブランドですよね。
50年代のニューヨークの電話局員に提供されていたバッグがそのルーツだそーで、シンプルなデザインとタフで頑丈な作りが特徴です。
デロンギもブランドの存在は知ってたし、実際何度もココんちのバッグを眼にする機会はあったんですけど、今までは全く惹かれることなかったんですよね~。
それが、このBEAMS(ビームス)別注のコイツを見つけたとき、ビビっとくるものがあったんです。

普通のヤツと何が違うのかな?と思ったら、ロゴでした。
DE MARTINI(ディ・マティーニ)ロゴ一般  DE MARTINI(ディ・マティーニ)ロゴ/ビームス別注
左は一般的なロゴで、右はビームス別注モデルのロゴです。
ご覧の通り、ロゴの刺繍を黒で統一しただけなんですけど、シックで引き締まった雰囲気になるんですよね~。
特にDE MARTINI(ディ・マティーニ)のバッグのロゴは大きめなので、このチョットした違いが大きく印象を変えてしまいます。

このビームス別注モデル、素材が①PVC、②DUCK、③PVC×DUCK の3種類用意されてるんですけど、デロンギのはPVCのみで作られたヤツです。
PVCとDUCKのコンビバージョンも別注らしくてイイかな~とも思ったんですが、あくまでもシンプルにいきたかったし、PVCのみのほうがシックなロゴが引き立つんじゃないかと。

内側はこんな↓感じ。
DE MARTINI(ディ・マティーニ)メッセンジャーバッグ内側
通常モデルよりも若干小さめの作りですが、結構マチもあるし、収納力はなかなかのモノですよ。
襷がけしてベルトを締めるメッセンジャースタイルを主な使用目的にしてる為、ストラップの長さは若干短めです。
なので、バッグの中身をゴチャゴチャさぐる時、体に近すぎて使い勝手が良くないとゆう欠点もあります。
せっかく良いバックル使ってるんだから、もうチョイ長めのストラップが付いていてもイイのに、とゆう気もしますけど、まー許せる範囲内ですね。

ちなみにこの別注メッセンジャー、ZOZOのBEAMSコーナーでも通販してますよ。
ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

2007年06月29日 | セレクトショップ| カバン

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1060)

coperto PREMIUM LABEL(コペルト・プレミアムレーベル)のバッファローレザーショルダー from D's Style