Church's(チャーチ)のデッキシューズ

そろそろデッキシューズ
Church's(チャーチ)デッキシューズ/ネイビー×イエロー×白

Church's(チャーチ)のデッキシューズです。

今の季節、オフの日の足元はスニーカーやサンダルがメインになっちゃいますよね。
涼しいし楽チンだし、まー当然なんですけど、もーチョイ大人な靴もそろそろ揃えておきたいトコです。
で、デッキシューズなんかイイかも?と考えてます。
昨年の今頃も同じよーなこと考えてBARRATS(バラッツ)の購入を検討したよーな気もしますが…。

このChurch's(チャーチ)のデッキシューズは、ロングノーズで足入れ部分が小さい作りなので、非常にスマートな印象ですね。
デニムに合わせても上品に見えるし、カラーを選べばビジカジにも対応できそうです。

カラバリは上のイエロー×ネイビー×ホワイトの他に5色展開されてます。
Church's(チャーチ)デッキシューズ/ネイビー×白Church's(チャーチ)デッキシューズ/ブラウン×白Church's(チャーチ)デッキシューズ/TABACChurch's(チャーチ)デッキシューズ/ネイビー×レッド×白Church's(チャーチ)デッキシューズ/ホワイト
無難にいくならブラウンかネイビー×白あたりなんじゃないかと思いますが、黄色の発色がスゴク綺麗なんで、挑戦するならイエローのコンビかな。
インコのキレイめパンツなんかに合わせたら映えるんじゃないかと。
ホワイト一色のヤツなら、デニムなんかのラフな格好を引き締めるのにも良さそう。

アウトソールにはグリップ性に優れた天然ゴムが採用されていて、「CHURCH」の文字が大きく刻印されてます。
Church's(チャーチ)デッキシューズPETERソール
こーゆうソール見ると、インクつけて判子みたいな遊びをしてみたいな~と思うのはデロンギだけでしょうか?(笑)

Church's(チャーチ)といえば、プラダの傘下に入ってから一時期 あまり評判良くなかったですよね。
英国靴=チャーチと言われたほどの老舗ブランドが海外資本に支配されてしまったワケで、英国靴好きには我慢ならなかったのかも。
木型が変わったりイロイロ変化もあったよーですが、このデッキシューズなんかを見る限り、まだまだ魅力的なブランドなんじゃないかと。
コレ、イタリア生産ですけど、ノーズが尖がりすぎてなく、それでいて控えめな色気もあるし、カッコイイですよね。

実はデロンギはChurch's(チャーチ)の靴って一足も持ってません。
正確には、昔 英国からメールオーダーで取り寄せたセミブローグを持ってるんですが、コレはサイズが合わなかった為、押入れに眠ってます…。
なので、初チャーチとしてこのデッキシューズに挑戦してみよーかと。

・Church's(チャーチ)の靴を探す

2007年07月09日 | セレクトショップ| シューズ

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1069)

DECENTAGES OnlineでChurch's(チャーチ)の取り扱いがスタート from D's Style