ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)のウールキルティングベスト

ニットのベスト
ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)ウールキルティングベスト

ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)のウールキルティングベストです。

ダウンベストが欲しいな~とゆうことはWoolrich Woolen Mills(ウールリッチ・ウーレンミルズ)のトコでも書きましたが、まだ「体は温かで腕は寒いんじゃ…」とゆうネガな考えを払拭できないデロンギです。
秋口に着たら暑そうだし、真冬は寒そうだしってことで…。
で、ダウンほどモコモコ温かでもなく、それでいて程よくボリューム感のあるベストを発見しちゃいました。

高品質なニット作りに定評のあるROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)がリリースしたウールベスト、かなりデロンギの好みです。
ニット素材をステッチでキルティング加工して、一見ダウンベストっぽく見せてるところがニクイですね~。
ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)ウールキルティングベスト/リブ襟ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)ウールキルティングベスト/リブ裾
首周りと裾はリブ仕様。
ダウンベストでもこうゆう仕様のはありますけど、ニットのベストだとリブと本体の素材に統一感があってよりお洒落にみえますね。

ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)ウールキルティングベスト/ジップ襟ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)ウールキルティングベスト/ジップ裾
フロントはダブルジップで、比翼状のフラップをスナップボタンで留めるタイプです。
最近はダブルジップが当たり前になってきましたが、ダブルでないと売れない時代なんでしょーか?
下の部分をチョット開けるってゆう着方、デロンギはあんまりしないんですけど。

このベスト、ネルシャツやボタンダウンに合わせてアメカジ風に着ても、上品さを損なわずに大人っぽくまとまりそうですよね。
あえてクレリックシャツなんかと組み合わせても面白いかも。
Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)ワークシャツ Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)オックスフォードBDシャツ hickey(ヒッキー)クレリックシャツ
ダウンベストより活躍の頻度も高そうだし、かなり惹かれますね~。

・ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)のアイテムを探す

2007年10月02日 | セレクトショップ| ファッション

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1173)

ROBERTO COLLINA(ロベルト・コリーナ)のスウェット・テーラードジャケット from D's Style

▼コメント▼

お久しぶりです。以前に何度かコメントさせてもらったdelta
です。私もこれ気になっていて、実際にお店に見てきました。デロンギさん同様、ダウンのモコモコ感が嫌いな私ですが、これは着てみた感じ、すっきりしていてかなり惹かれました。私は毎シーズン、まずパンツを買ってそこからコーディネートを考えた買い物をしていくのですが、今期はincotexのウールカーゴをまず購入したので、それにORIANやフィナモレのチェックシャツにこれをあわせ今流行り?のイタリア的アメカジにしようかと考え中です。ただなぜか今年はDUVETICAのダウンベストのカラー:BORGOGNAの上品な色合いも気になっていて、どちらにしようか思案中です。このロベコリのベストもNERO以外にもあればいいのですがねぇ。

投稿者 delta : 2007年10月03日

deltaさん、お久しぶりです♪
インコのウールカーゴ、いいですね~。
ウールカーゴならダウンベストとの相性も良いでしょーね。
デュベのBORGOGNAってカラーNo.608ですよね?
デロンギもデュベのベストならEpafoの608か805あたりがカッコイイんじゃないかな~と思ってます。
今季は服に限らず買いたいモノが山ほどあるので、何を削るか悩むトコです…。

投稿者 デロンギ : 2007年10月03日