Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)のラージトートL9070

久々のWHCネタ
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ラージトートL9070

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)のラージトートL9070です。

コレ、WHCのド定番トートなので見かけたことある人も多いんじゃないでしょーか?
デロンギは基本的にショルダーバッグみたいな両手が自由に使えるラゲッジが好きなんで、トートってあまり持ってないんですよね。
でもこのWHCのラージトートは、気持ち縦長のデザインと持ち手の絶妙な長さが、肩かけしても女っぽくなくてカッコイイんじゃないかと。
大ぶりのサイズも男らしくて気に入ってます。

このトートの最大の魅力は何といってもマチが17cmもあるトコでしょーね。
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ラージトートL9070/マチ幅 Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ラージトートL9070/自立
これだけマチ幅があると、キャンバストートといえどもさすがに自立してくれます。
角の部分に肉厚のブライドルレザーが張ってあるので、クニャっとしてしまうこともないし。
手さげカバン 特に容量大きめのカバンで、下に置いた時に自立してくれない とゆうのは結構ストレスだったりするので、コレは非常にありがたいですね。

中はこんな感じ。
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ラージトートL9070/中
スナップ式のポケットが付いてるだけのシンプルな作り。
ガバっと開くので持ち歩きたいモノをドカドカ放り込むことができます。

素材は3層構造のオールドコロニアルキャンバスとWHCお得意のブライドルレザーのコンビ。
頑丈なことはもちろん、防水性も兼ね備えたこの素材、素朴な雰囲気の見ためとは違って、わりと機能的だったりします。
チョイ重たいかな?とゆう気もしますけど、ガッシリしてて安心感がありますね。

デロンギはこのラージトートを主にジムに行く時やビジカジスタイルの時に活用してます。
昼は暖かいけど夜は肌寒い今の季節、パーカーやブルゾンを入れてお出かけする時なんかにも重宝してますね。
Violet Buffalo Wallows(ヴァイオレット・バッファロー・ワロウズ)のスウェットFullcount(フルカウント)のジーパン、足元にSchneider Boots(シュナイダーブーツ)なんて格好にこのトートを合わせることが多いかな(地味だな~)。

男らしい黒×黒がお気に入りなんですが、今度は違うカラーも揃えたいな~と考えてます。
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ラージトートNAVY/HAVANA Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ラージトートOLIVE/HAVANA Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)ラージトートTAN/NEWTON

・Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)のアイテムを探す

2007年10月26日 | セレクトショップ| カバン