CANADA GOOSE(カナダグース)のMANITOBA(マニトバ)

今季は真っ黒
CANADA GOOSE(カナダグース)MANITOBA(マニトバ)

CANADA GOOSE(カナダグース)のMANITOBA JACKET(マニトバ・ジャケット)です。

年々 カナダグースもファッションブランドとしての地位が向上してきましたね。
さすがに今の時期に着てる人を見ることはないものの(薄手のモデルを着てる人もいるんでしょーが…)、ショップなんかでも見かける機会が増えてきたし。
デロンギのExpedition Parka(エクスペディション・パーカ)はオープンドライブ限定ですけど…。

で、今季 真っ黒々のスペシャルモデルがリリースされてます。
CANADA GOOSE(カナダグース)MANITOBA JACKET(マニトバ・ジャケット)/ロゴ CANADA GOOSE(カナダグース)MANITOBA JACKET(マニトバ・ジャケット)/襟
通常は赤いココんちのロゴも真っ黒で統一した男らしい一着。
リップストップナイロンのシャカシャカな質感と黒一色のボディが硬派なダウンジャケットです。
ビームス別注のDE MARTINI(ディ・マティーニ)のとこでも書きましたけど、ロゴの色が変わると雰囲気がズイブン引き締まるんですね~。
アウトドアウェアとゆうよりもミリタリージャケットとかポリスマンコートとか、そんなワーク系のイメージに仕上がってます。
定番モデルではコンスタブルパーカなんかと近いとこですね。

ほぼプロスペックのExpedition Parka(エクスペディション・パーカ)に比べて、ワイヤー入りのファー付きフードやフリース付きのチンウォーマー、スノーカフや5層構造の特殊ライニングといった本気系の仕様は省かれてますが、タウンユースとしてはコッチのほうが使いやすいしカッコイイですね、きっと。
前立ての留めがベルクロじゃなくスナップボタンとゆうトコロもデロンギの好みだし。
CANADA GOOSE(カナダグース)MANITOBA(マニトバ)/袖リブ CANADA GOOSE(カナダグース)MANITOBA(マニトバ)/サイドファスナー
もちろん最低限の防寒性能は確保されてて(ってゆうかコレでもオーバースペックかな?)、袖の内側には長めのリブがちゃんと付いてます。
サイドファスナーで体温のコントロールや動き易さの調整が行えるとこもポイント。

カナダグースは昨年もリップストップナイロンのモデルをリリースしてますが、今季のヤツのほうが断然カッコイイんじゃないかと思いますね。
今年はダウン買うつもりないんですけど、チョット惹かれました。
MONCLER(モンクレール)DUVETICA(デュベティカ)とはまた違った方向の本気ダウンを探してる方、いかがでしょーか?

・CANADA GOOSE(カナダグース)のアイテムを探す

2007年11月06日 | セレクトショップ| ファッション

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1210)

RICHLU(リチュル)のコットンダック・ダウンジャケット from D's Style
P.H.Design(ピーエイチデザイン)のベンタイルクロス・ダウンジャケット from D's Style