BAGIR(バギール)のポケッタブル・スーツ

買ってみた
BAGIR(バギール)ポケッタブル・スーツ

BAGIR(バギール)のポケッタブル・スーツです。

バギールといえば、昨年 「自宅で洗濯&乾燥ができる世界初のウールスーツ」が話題になりましたよね。
他にも、めちゃくちゃ伸縮性のあるスーツや防弾機能付きのジャケット(さすがイスラエルのブランド…)など、機能的でユニークなものが多いバギールのスーツですが、デロンギが最も気になっていたのはこのポケッタブルスーツです。
出張時の荷物を如何に少なくするか、コレはデロンギの永遠の(?)テーマなワケで、前々からこのスーツを試してみなくちゃイカンな~と思ってたんですよね。
で、先週の出張時に初出動させてみました。
BAGIR(バギール)ポケッタブル・スーツ/収納時
ご覧の通り、かなりコンパクトになります。
以前紹介したワンツーフィニッシュ・ハンガーケースの半分くらいのサイズでしょーか。
「水~金曜はスーツ着て仕事、土曜日はプライベートで出張先を散策」ってゆう今回のパターンにはありがたい機能ですね。

BAGIR(バギール)ポケッタブル・スーツ/裏側
↑こーゆうジッパーがジャケット背面についてます。
小さく畳んだ後にこのジッパーを閉じると、ポーチのようになるんです。

畳み方はいたって簡単。
この説明の通りに畳めば小さくなります。
BAGIR(バギール)ポケッタブル・スーツ/説明書
と、思ってたら案外コレが難しい…。
デロンギは一度も畳まずに出張先のホテルで初挑戦してみたんですけど、なかなか規定サイズまで小さくならずジッパーが閉じなくて、何度もやり直すハメに。
まー馴れれば大したことなさそうですけどね。

こーゆうスーツで一番気になるのはシワがどの程度付いてしまうのかってことですよね。
デロンギもこの辺りは非常に気になったので、ショップ店員さんに聞いたところ、1日くらいだったらコンパクトに畳んだままでも問題なく、2~3日経つとシワがついてしまうこともある とのことでした。
で、丸2日畳んだままにしておいたスーツがコレ↓。
BAGIR(バギール)ポケッタブル・スーツ
やっぱりシワ、ついてますね(笑)。
お腹の辺りとか、袖の付け根とか…。
まー今回はデロンギの畳み方にも大いに問題があったと思うので、今後 何回か使ってみないと何とも言えませんけど。

このスーツ、ポリエステル100%なんですが、ピーチスキンのようなシットリ軟らかな手触りは、この手の機能スーツにしては安っぽく見えないんじゃないかと。
もちろん同価格帯の普通のスーツのほうが遥かに高級感はありますけど、コレはお洒落アイテムじゃなく、出張用のギアだと捉えれば十分許容範囲内ですね。
自宅で洗濯&乾燥もできるから、雨の日用として使ってもイイし。

しかし今回、スーツをコンパクトにできても、替えの服がコレと同じくらいコンパクトにならないとあまり意味ないな~とゆうことに気付きました(笑)。
オフの日用の服も対策を考えないと、結局はワンツーフィニッシュ・ハンガーケースで十分かも…。

・ポケッタブルウェアを探す

2008年04月13日 | セレクトショップ| ファッション

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1320)