blueLounge(ブルーラウンジ)の充電トレー「The Sanctuary(サンクチュアリ)」

自宅とオフィスに
blueLounge(ブルーラウンジ)充電トレー「The Sanctuary(サンクチュアリ)」

blueLounge(ブルーラウンジ)の充電トレー「The Sanctuary(サンクチュアリ)」です。

携帯電話や音楽プレーヤー、デジカメや携帯ゲーム機など 充電しながら使うアイテムが増えてくると管理が結構面倒だったりします。
「帰宅したら充電→出かける時に回収」ってゆう作業を伴うし、自宅でも使うのでカバンの中に入れっぱなしってワケにもいかないし。
で、それぞれを別の場所に置いといたりすると、外出時に持ってくるのを忘れて困っちゃったりするんですよね~。

なので、これらのアイテムを一箇所に集めて置いておけるトレーが欲しいな~と考えています。
デロンギの場合、プライベートケータイをiPhoneに換えてからボイスレコーダー電子辞書を持ち歩く必要がなくなったので、電池残量を気にしながら使うアイテムは随分減ったんですけど、それでもプライベート用と仕事用のいずれかの携帯電話を自宅orオフィスに忘れてくる なんてことがタマ~にあるので、自宅とオフィス両方に充電機器の定位置を決めて上手に管理したいところですね。

今のところの候補は、このblueLounge(ブルーラウンジ)のThe Sanctuary(サンクチュアリ)とゆうトレー。
充電機能付きのトレーはいろんなメーカー/ブランドで発売してますが、コレほど本気仕様&グッドデザインなものはあまり見かけません。
blueLounge(ブルーラウンジ)The Sanctuary(サンクチュアリ)詳細①
継ぎ目のないシッカリした樹脂性の外枠にベロア貼りのシックなトレーを組み合わせただけのシンプルな外観がなかなかカッコイイですね。
こんなミニマルデザインならオフィスに置いといても違和感ないし、23.5×32.5×5(cm)とゆう大きさは使い勝手を考慮したうえで、デスク上に置いておけるギリギリのサイズに収まってるんじゃないかと。
blueLounge(ブルーラウンジ)The Sanctuary(サンクチュアリ)詳細②
以前、同じようなコンセプトのアイテムとして採り上げたRotaliana(ロタリアーナ)のMulti Pot(マルチポット)やその他の多くの充電トレーは、見えない部分にコンセント差込口をいくつか設置しているだけのものですが、このThe Sanctuary(サンクチュアリ)のスゴイところは、各デジタルデバイスの充電器機能を最初から備えているってとこです。
各キャリアの携帯電話、iPhone/iPod、PSPやニンテンドーDSなどに対応した11種のケーブルが付属しているので大抵の機器は接続可能だし、USBポートも備えているのでケーブルさえ調達できればを対応外の機器や同一機器2台の設置も可能です。
つまりこれは、自宅とオフィスでそれぞれ使う場合、各機器の充電器をわざわざ2つ用意しなくてもイイってことなんですよね~。
¥2万弱とゆうプライスが気になってたんですけど、充電器を調達しなくて良いことを考えると、案外リーズナブルなお値段かも…。

・blueLounge(ブルーラウンジ)のアイテムを探す

2008年09月09日 | セレクトショップ| インテリア/家電

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1390)

blueLounge(ブルーラウンジ)のPCデスク「Studio Desk」 from D's Style