Iroquois(イロコイ)のコットンニットキャップ

チクチクしないニット帽
Iroquois(イロコイ)コットンニットキャップ

Iroquois(イロコイ)のコットンニットキャップです。

最近、どーもお肌の調子がよろしくないんですよね~。
今の時期、仕事以外で外出する時はニット帽を被ることが多いんですが、オデコがチクチクしてイマイチ落ち着かない…。
じゃー帽子なんて被らなきゃイイじゃんってことになるワケですが、寒がりのデロンギにとってニットキャップは必需品だし、ボサボサ頭のままでも出かけられる楽チンさは捨てがたい。
で、チクチクしないコットン素材のニットキャップを買うことにしました。

例によってまずはCA4LAで探してみたんですけど、この季節はまだまだウール系が圧倒的に多いんですよね。
欲しかったのは、編み柄のないシンプルなデザインで黒い無地、耳が隠れるくらいのサイズ感のモノ。
そんなのどこにでもありそうなんですが、これが意外に見当たらないんですよね~。
で、楽天で適当に検索して見つけたのが、この帽子。
Iroquois(イロコイ)コットンニットキャップ表
Iroquois(イロコイ)とゆうブランド、名前くらいしか知らなかったんですけど、その他のアイテムを見た感じでは、どーもデロンギより随分若い人たちをターゲットにしてるような印象を受けました(実際にどーゆう人が買ってるのか知らないのであくまで予想ですけど…)。
楽天なんかで検索してアイテム探しをすると、こーゆうノーマークだったブランドに探してたモノがあったりするワケで、ネットショッピングって面白いな~と思います。
リアル店舗での買い物も、普段 入らないようなショップも覗いてみたほうがイロイロ発見があるのかもしれませんね~。

Iroquois(イロコイ)コットンニットキャップ裏
表地はザックリ感のあるローゲージで、裏地は肌触りの良いハイゲージになってます。
当然 コットンなのでチクチクすることもありません。
二重構造になってるので、コットンの割にそこそこ暖かいのも◎。
まーKUVI-LOSE-MANなんかに比べれば防寒性は落ちますけど。

ニット帽って、脱いだ時の頭髪の状態を考えると、被ると決めた日は帰宅するまでずっと被ってないとイケナイことが多いように思うんですが、それって結構 辛いんですよね。
屋外では暖かいけど室内に入ったら暑い ってことが多いので。
でもコットン素材なら、屋外での防寒性がチョットだけ落ちる反面、室内でも快適に過ごせるとゆうことを今回この帽子で実感しました。
この分だと肌の調子が回復しても、コイツが最もヘビロテになるかもしれません(笑)。

・Iroquois(イロコイ)のアイテムを探す

2009年01月27日 | セレクトショップ| 時計/アクセサリー

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1459)

ROBERTidea(ロベルト・イデア)のペーパーコード・ハット from D's Style
MANIERA(マニエラ)のパイルビーニー from D's Style