Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)のドット・ニットタイ

春夏のネクタイ
Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)ドット・ニットタイ

Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)のドット・ニットタイです。

デロンギは淡いカラーよりもハッキリした色目のネクタイが好みなんですが、これからの季節 そーゆうカラーだとVゾーンに春っぽさが出ないんですよね~。
で、昨年はダークカラーでも涼しげに見えるニットタイにチャレンジしてみたワケなんですが、コレがなかなか使い勝手がイイんです。
なので今年はニットタイをいくつか揃えたいな~と。

今回採り上げるのは、Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)のモノ。
ココは1720年創業とゆう超老舗の英国のシルク織物メーカーで、一流ブランドに生地を供給する一方、最近では自社ブランドのタイやチーフの販売も積極的に行ってるようです。
生地メーカーならではの上質な素材を使ったネクタイはなかなか良さげですね。
価格設定も良心的みたいだし。

Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)ドット・ニットタイ/ネイビー Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)ドット・ニットタイ/ワイン Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)ドット・ニットタイ/ベージュ
このドット柄のニットタイ、ディセンタージュではネイビー/ワイン/ベージュの3色を展開してます。
ザックリしたニットの質感とシルクの素材感、そしてドット柄の組み合わせは適度に上品で、どの色柄も非常にカッコイイんじゃないかと。
デロンギ的には特にワインカラーのヤツに惹かれます。
こーゆう色だったらニット素材でもきちんと感があって、ビジネスでも使いやすいですよね。
これで剣先が尖ってたら言うことないんだけどな~。

この他にも柄違いや素材違い(コットン)のニットタイがあります。
Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)ドット・ニットタイ  Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)ドット・ニットタイ
せっかくこのブランドのタイを買うならシルク素材のほうがイイかな~とゆう気もするし、ビジネスで使うなら柄もドットくらいが妥当なんじゃないかとゆう気もしますが…。

もう少し待てばどこのショップでもニットタイを扱いだすと思うので、そうなったらイロイロ見て幾つか買ってみようと思ってます。

・Stephen Walters(スティーブン・ウォルターズ)のアイテムを探す

2009年03月12日 | セレクトショップ| 時計/アクセサリー

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1484)