VISION BY CONRAN(ヴィジョン・バイ・コンラン)の眼鏡フレームCRN-JP-7003

英国コラボ眼鏡
VISION BY CONRAN(ヴィジョン・バイ・コンラン)CRN-JP-7003/モダン

VISION BY CONRAN(ヴィジョン・バイ・コンラン)の眼鏡フレームCRN-JP-7003です。

約2週間ぶりのブログ更新です。
連休前は殺人的な仕事量だったのと、連休中はチョット遠くでノンビリしてたので、全くPCに触る機会がありませんでした…。
そんなワケで、半月くらい前に買ったこのフレームも、未だに度の入ったレンズを入れてません。

「VISION BY CONRAN」は、コンラングループが2007年11月に展開をスタートさせたアイウェアブランド。
製作はイギリスのインスペックス社が担当していて、日本に入ってきてるモデルは日本人向けにリサイズされてるそうです。
こーゆう企画モノってデロンギはあまり興味なかったんですけど、丸の内のFACIAL INDEX NEW YORK(フェイシャル・インデックス・ニューヨーク)にフレームを見に行った時、ついでに入った丸ビル内のコンランショップでたまたま見かけて、かけてみたら何かイイ感じだったのでつい…。

VISION BY CONRAN(ヴィジョン・バイ・コンラン)CRN-JP-7003/フレーム
この7003は、2007年ブランドスタート時の1stモデルの一つです。
フロント部分はチタンで、テンプルはプラスティック。
パーツの素材は違っても基本的に全てブラック系のカラーなので、デザイン的にはあまり面白味はないんですが、それだけに顔にしっかり馴染むんですよね。
このブランドのアイコンである丸くくり抜かれたモダン部分も可愛くて気に入ってます。
昨年11月に発表されたプラスティック・フロント×アルミ・テンプルの2ndモデルも格好良かったんですけど、ソリッドなテンプルの質感が目立ちすぎて、デロンギの顔にはイマイチ似合いませんでした。

VISION BY CONRAN(ヴィジョン・バイ・コンラン)CRN-JP-7003/ボックス
このメガネフレームには、こんな大げさなボックスが付いてきます。
約27×15×5(cm)と、とにかくデカい。
ギフトとして買うなら こーゆう見栄えのする箱は重宝するんでしょーけど、自分用では邪魔なだけですね(笑)。

VISION BY CONRAN(ヴィジョン・バイ・コンラン)CRN-JP-7003/セット
ボックスの中には、レンズクリーナーとレンズクロス、木製のメガネケースが入ってます。
バファローホーンのフレームを愛用し始めてからクリーナーは使わなくなっちゃったし、ケースはWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)のヤツを色違いで使ってるし、クロスはトレシーやキョンセームが気に入ってるし…ってことで、これらのオマケも多分活躍することはなさそうですね。
「こんなの無くしてフレームの価格を下げてくれればイイのにな~」と考えてしまうデロンギは貧乏臭いでしょーか(笑)。

このフレーム、シンプルなデザインなので、カラーレンズを入れて遊んでみるのもイイかな~と考えてるんですが、ナイロールタイプなので、あまり濃い色のレンズだとナイロン糸が目立っちゃうかな?
コレの前に買ったtheo(テオ)のフレームには随分薄いカラーレンズを組み合わせたので、ナイロン糸の色を変更して目立たなくできるんだったら、今度はかなり濃い目のサングラスにしてみたい気もするんだけど…。
とりあえず、時間ができたら眼鏡屋さんに相談してみようかな。

・VISION BY CONRAN(ヴィジョン・バイ・コンラン)のアイウェアを探す

2009年05月06日 | セレクトショップ| 時計/アクセサリー

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1507)

CUTLER AND GROSS(カトラー&グロス)のメガネフレーム「0876」 from D's Style
ic!berlin(アイシーベルリン)のメガネフレーム「uncertainty principle」 from D's Style