blueLounge(ブルーラウンジ)のPCデスク「Studio Desk」

こーゆうの欲しかった
blueLounge(ブルーラウンジ)PCデスク「Studio Desk」

blueLounge(ブルーラウンジ)のPCデスク「Studio Desk」です。

デロンギは昔から「PCや電話機のケーブル/コード類が机の中に納まれば便利なのに…」と思ってたんですよね。
オフィス家具なんかだと そーゆう作りのモノもあるんですけど、家庭で使うようなPCデスクでは何故か見かけませんでした。
それを遂にblueLounge(ブルーラウンジ)が作ってくれちゃいましたよ。
以前からココんちがリリースしている人気アイテム「The Sanctuary(サンクチュアリ)」のコンセプトをそのまま大きくしたようなPCデスクです。

blueLounge(ブルーラウンジ)PCデスク「Studio Desk」コンセプト
見た目はシンプルな木製の机。
でも天板の中央部分がスライド式になっていて、中にマルチタップ電源を忍ばせておけば、コード類を全て隠して収納することができるんです。
天板の下はこんな↓感じ。
blueLounge(ブルーラウンジ)PCデスク「Studio Desk」内部
このPCデスクのスゴイところは、コードを通す隙間が絶妙の位置にあり、左右に長く伸びてるとこ。
オフィス用のデスクなんかでコード類を通す穴がいくつか開いてるモノがありますけど、それだとその穴から各機器類まで伸びたコードがデスクの上を這うことになります。
でも、スリットが左右に伸びていれば、殆どの機器のコードを隠すことができますよね。
それに、天板の下には結構なスペースがありますから、デジカメの電池やeneloop(エネループ)など、充電中 特に机の上に置いておく必要のないものを収納しつつ充電を行うことが可能なんです。

blueLounge(ブルーラウンジ)PCデスク「Studio Desk」スリット
コードを通すスリットは、天板以外に背面にもあります。
天板上のスリットよりも後ろに配置する機器のコードはココから通すとスッキリしますね。
背面側の脚の付け根にも穴が開いていて、ここからマルチタップのコードをコンセントに繋ぐことができます。
欲を言えば、このコードも脚の中を通って見えないようになってたら良かったな~。
まー木製だと難しそうですけど。

blueLounge(ブルーラウンジ)PCデスク「Studio Desk」合皮マット
天板には合皮のマットが付属しています。
コレ、取り外すことも可能なんですが、取っちゃうとスライド部分の継ぎ目が見えるので、付けといたほうが格好よさそう。

このPCデスク、非常に魅力的なんですが、残念ながらデロンギのマンションには もう置くスペースがないので当分購入することはなさそうです。
ノートPC派で、これからPCデスクを購入しようって方、代わりにいかがでしょーか?

・blueLounge(ブルーラウンジ)のアイテムを探す

2009年05月13日 | セレクトショップ| インテリア/家電

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1512)