CANON(キヤノン)のズームレンズEF24-105mm F4L IS USM

赤いラインが眩しい
CANON(キヤノン)EF24-105mm F4L IS USM

CANON(キヤノン)のズームレンズEF24-105mm F4L IS USMです。

デロンギは主に50mm(APS-C換算80mm)の単焦点レンズでフェレットを撮影してます。
たまに85mmで撮ったりもしますが、狭い室内だと奴等がすぐに近づいてきちゃうので、結局また50mmに付け替えることになるんですよね。
で、EOS7Dも手に入った(借り物ですが)ことだし、お手軽ズームレンズが欲しくなっちゃいました。
ズームは50Dと一緒に買ったヤツがあるんですが、アレは17-55でデロンギの用途に画角が全く合ってなかったし…。
そんなわけで、このレンズを買ってみました。

CANON(キヤノン)ズームレンズEF24-105mm F4L IS USM
このEF24-105F4L IS USM、APS-C換算38~168mmとゆうデロンギには十分な画角レンジで、写りもAFスピードも評判の良いレンズです。
最初はコレよりもランクの上のEF24-70F2.8Lのほうが明るくて良いかな~と考えていたんですが、アッチは春にリニューアルモデルが出るみたいなのでやめときました。
それに次のカメラはフルサイズにする可能性もあるので、そーなると望遠側70mmでは全然たりないし。
明るさも室内でF2.8ではどーせ通用しないので、そーゆう用途には単焦点レンズ使えばイイかな、と。

7Dに付けるとこんな感じ。
CANON(キヤノン)ズームレンズEF24-105mm F4L IS USM
なかなか迫力ありますね。
黒いボディに真っ赤なラインとゆうのは、どーしてこんなにワクワクするんでしょう(笑)。
GRレンズGTIブリーフィングなど、赤いラインがあると何となく高機能、高性能な漢っぽいイメージが浮かびますよね。

単焦点に比べると随分重たくなりましたが、7Dとのバランスは悪くないので、それほどの負担は感じませんね。
Lレンズらしく、カメラ本体との接合部にはゴムパッキンが付いていて、防塵防水性能もバッチリです。
デジイチを外に持ち出すことのないデロンギには完全なるオーバースペックですけど。

さっそく撮ってみました。
CANON(キヤノン)ズームレンズEF24-105mm F4L IS USM ×次女
ちょっとコッテリ気味?
まー単焦点2本やGXRがアッサリめだからそう感じるだけかもしれませんけど。

ところで5D Mark3がいきなり発売されてしまいましたね。
このレンズ買う時、いっそレンズキットで買ってしまおーかとゆう衝動に駆られましたが、ボディのほうは様子を見ることにしました。
チョット高いですよね、アレ。
どーせ高いお金払うなら、もう少し(少しじゃないけど)足して1DX欲しいよな~なんて思ってしまいます。

・CANON(キヤノン)のLレンズを探す

2012年03月26日 | セレクトショップ| インテリア/家電

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1630)